誰かと居たくて風俗へ

奮発してもいいんじゃないかなと

多少は奮発しても良いと思って風俗で遊んでいます。毎日遊ぶものであれば節約と言うか、それなりに考えなければならないと思うんです。消耗品、日用品の類は一度購入して終わりではなく、その後もずっと購入し続ける訳です。だからこそ値段とのバランスなどいろいろと考慮しなければならないと思うんですけど風俗に関しては毎日のように遊ぶものではないと思うんですよ。たまに遊ぶくらいという人が多いと思うんですよ。定期的といってもさすがに毎日って人はいないと思うんですよね(笑)だからこそ、風俗で遊ぶ時くらいは奮発しても良いんじゃないですかね(笑)むしろそこでケチってせっかくの風俗の時間が思った程楽しめなかった…じゃ意味がないと思いますので、たまに遊ぶ時には奮発するくらいは何も悪いことではないんじゃないのかなって思いますね。むしろそこで奮発することによって、より自分が大きな満足感を得られるんじゃないのかなって思うんですよ。

風俗の良さは積極的になってこそ

風俗って自分がどれだけ積極的になれるのかによってもまた、気持ちは変わってくるんじゃないのかなって思いますね。まだまだ風俗で遊び始めた頃は、どこまで相手に対して要求して良いのかも分からないのでどうしても受け身というか、自分なりに遠慮していた部分もありました。でも、慣れてくれば遠慮する必要性なんてほとんどないってことに気付いたんです。言い方には気を付けていますけど、お客として風俗嬢にリクエストするのは悪いことじゃないって気付いたんですよね。つまりは自分も積極的に楽しもうってスタンスを持つようになったら、それまでよりも何倍も楽しいなって思うようになったんです。そして、これが風俗の本当の魅力なのかもしれないなってことに気付いたんですよ(笑)こうして自分から積極的に仕掛けることによって、じゃあどうすべきなのかとか、何が良いのかなど自分のイメージにより近いことを楽しめるようになってきたので楽しさが倍増していますよ。