誰かと居たくて風俗へ

風俗では想像力が重要だと知った

日常生活の中ではイマジネーションが膨らむようなシチュエーションはそうそうありません。それだけ平凡な生活を送っているという証左ですけど、風俗ではイマジネーションがこれでもかと言わんばかりに刺激されますし、むしろ自分でイマジネーションを膨らませることこそが、楽しむための秘訣でもあるんじゃないかなと思いますね。風俗というシチュエーションは、まさにイマジネーションを具現化したものなんです。男の「こうなら良いな」というものをサービスとして具現化したものなので、さらに男としてイマジネーションが刺激されると思うんです。そこが本当に重要な部分だと思うんですよね。自分も風俗で遊ぶ時にはまずは脳内であれこれ考えます。それはつまり、風俗で遊ぶ前の時点でイマジネーションを刺激されているってことじゃないですか。男としてだけではなく、脳にも大きな刺激をもたらしてくれるのもまた、風俗の特徴にカウントして良いんじゃないかなと(笑)

大切なのは間違いない。それも風俗の魅力

自分自身、物事に対してそこまで執着心を持つ方ではないんです。ダメならダメで全然構わないってタイプなんですけど、とあるものだけはちょっとしたこだわりがあるんです。それって、言い換えれば自分がそれだけ大切にしているってことだと思うんですけど、それは風俗なんですよ。これだけは自分でもこだわりを持って楽しんでいます(笑)遊ぶ前、女の子を探す時には必ず風俗のホームページを見ますけど軽くチェックするだけではなく、何をすべきなのかってことまで考えています。例えば相手の女の子によっていろいろなことが変わるのは言うまでもありませんので、じゃあどうするのかとか考えるじゃないですか。ブログ、写メ日記と言ったお店のホームページに掲載されている更新ツールはしっかりとチェックするようにしていますし、さらには口コミも見ますね。こうして準備万端にしてから遊ぶんですけど、それは自分の中では本当に風俗だけなので、相当大切なんだなって。