誰かと居たくて風俗へ

そればかりは自分も分からないからこそ

どんな時間になるのかなんて、実際に遊んでみなければ分からないと思うんですよ(笑)リピートでもそうです。風俗はどれだけベテランになってもどんな時間になるのかなんて分からない世界なんですよ。でもそれがいいんじゃないですかね。むしろそれが大きな刺激をもたらしてくれるんじゃないのかなって思うんですよね。だからこそ、風俗で遊ぶ時には自分でも分からないことがあるという気持ちで真摯に女の子と向き合うようにしています。これは自分もサービス業だからこそ思うのかもしれません。というのも、自分もサービス業で、やっぱり「分かっているよ」みたいな顔をされるのはあまり良い気はしないんですよね(苦笑)常連客であればまだしも、初めてのお客に「そんなことも分からないのか」とか「そのくらい分かっているから」といった言葉を聞くと、どうしてもモチベーションは低下してしまうものです。だからこそ、風俗嬢にもそういったことは言わないようにしています。

外見、内面。どちらも大切ですしね

外見は大切です。かといって内面がどうでも良いという訳でもありません。どちらが大切なのかと言うのはとても大きな論争と言うか、自分でもどちらにすべきなのかということでどうしてもいろいろな考えがあるんですけど、風俗で楽しむ時にはそのバランスの問題もあるんじゃないのかなって思うんですよね。風俗って外見だけでもなければ内面だけでもないというか、モニター越しにご対面する訳でもなければ、目隠しして接する訳でもないんです(笑)つまりは両方ともとても大切だってことが言えると思うんですよね。そのためにはやっぱり外見、そして内面。そのバランスが満足感を左右することになるんじゃないのかなって思っています。むしろそれが大きなテーマと言うか、外見も内面も良ければ満足出来るのは間違いないんです。ということは風俗嬢を選ぶ時にはどちらもチェックすべきってことですね。外見は簡単ですけど、プロフ等で内面もチェックする。これも大切ですね。